相続登記

不動産登記

相続登記とは?

相続登記とは、不動産の所有者が亡くなった場合に、その不動産の登記名義を相続人に変更する登記手続きのことを言います。
相続を原因とする所有権移転登記のことですが、世間一般には「名義変更」と呼ばれています。
相続登記は義務ではありませんので、行わなくても罰せられることはありませんが、相続登記をせずに放置しておくと、相続関係が複雑化し、
後々、売買や抵当権設定などにより、相続登記をする必要が生じた場合に、予想外の手間や費用が掛かったり、そもそも相続登記が出来なかったりする
こともあります。そのため、それが原因で不動産の売却を断念したり、金融機関からの借り入れが出来なくなることにもつながりかねません。
以上により、相続登記は義務ではありませんが、将来のトラブルを避けるため、相続登記はやれるときにやっておくべきだと思います。

関連記事

  1. 1.不動産登記
PAGE TOP